Aさんち

古代ローマより教会などで採用されてきたバシリカ様式の架構とすることで合理的な部材で広い住空間をつくった.

ギャラリーの壁に見立てた等間隔の秩序に並ぶ柱間に、写真家であるご主人の作品が並ぶ.
日々の生活の中で建築と日常と写真が溶け合う住空間を目指した.

『new LIFE』

用途 住居

構造 木造2階建
Completion 2018.9
三重県津市
Photo:浅田政志
(牛舎の写真のみ設計者撮影)